[PR] ヒーリング

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

再スタート

JUGEMテーマ:住宅

またインターネットや新聞広告、フリーペーパー等で物件探しの日々です。

なかなか予算と間取り、地理的なものが一致する物件がありません。

ここにきて更に妥協です。
今まで探していた地域に限らず範囲を広げてみました。

なんとなく見ていたフリーペーパーの一番隅っこに

内外装リフォーム後引渡し、屋根裏収納、デザイナーズハウス

の文字が。

ヨニングラシ

※注意:写真はイメージです。

コレは!と直感(私の勝手な)でその物件を扱う業者のホームページを見る事になるのです。

住まいブログ
一戸建平屋住宅

出会い

JUGEMテーマ:住宅

いそいそとホームページを開き、それと思われる物件を探します。

見つけました!「ご成約ありがとうございました」の文字を。。。
ガッカリです。

「中古住宅は良い物から売れて行く」。その通りです。
今までも理想の物件は成約済みか商談中のパターンでした。

まぁついでだし、ココのホームページを見てみようと価格の低いものから順に追って行くと

新築を超えたリノベーション、平屋4LDK、ウッドデッキ付き、
日当たり通風良好、駐車4台可


おおーっ!ヒットです。むしろホームランですよ!!
当初の希望をほぼ叶えてくれる家に出会ったのです。
おまけに成約済みの物件よりも100万円安い。

その週末、ここはリノベーション見学会の会場となっていました。
夫は仕事、、、でも、見に行きたい!どうしても。。。

住まいブログ
一戸建平屋住宅

リノベーション見学会

JUGEMテーマ:住宅

この日も仕事へ行った夫(当たり前ですね)
でも、どうしてもどうしてもどうしてもこの目で見たい!!

夫の携帯へ電話しました。「また先に誰かに買われちゃうかもしれない」って。
いつもなら「絶対無理!」って言われて終わるのに、この日は早退して帰って来たのです。驚き。

時間通り会場に到着。一番でした。
カンカンに陽が照る庭に水を撒いている人がいます。(不動産屋さん)
車を庭に駐車するように案内され、室内へ。
玄関のポーチは狭いなぁ。でも玄関自体は広々、収納もある。

そうこう見ている隙に長女が室内へ走って入ります。

「ワァーッ!スゴイ、スゴイヨー!!」叫ぶ長女。ウルサイよ、恥ずかしいよ。

玄関の横にはトイレ、そしてリビングへ。
私が一番重点を置くLDK。
広さは、、、広くはないなぁ。
でも対面キッチンだし。食器洗い器ついてる。ガスは都市ガス。良し(プロパンは高い!)
勝手口もキッチンの真裏にある。

他の部屋も見る。
洋室3部屋は全てリビング続き。子供部屋となるであろう二部屋はリビングを通らなければ部屋に入れません。
もう一部屋は夫婦の部屋にしても良し。

和室がリビングから出た廊下の突き当たりにあります。6畳。充分です。押入れもあり床の間もあり。
子供達が大きくなるまでは、みんなココで川の字で寝る事になるだろう。

洗面室兼脱衣所、浴室へ。
うぅー、狭い!狭すぎるよぉ。おまけに浴槽はステンレス。
夫に「このお風呂と脱衣所じゃ狭いよね」「ステンレスの浴槽なんて」と言ったら、「ま、こんなもんでしょ」って。(私の実家はステンレスの浴槽です。広いけど。)

ただ、狭い上に廊下からの扉が洗面室側へ開くようになってるもんだから、余計に狭く感じる。
これ引き戸にできればいいのになぁ、、、なんて思いつつ。

お、ウッドデッキ付きだった。
ここに布団干せるね。平屋にはベランダがありません。ココがテラスがわりになる訳です。
LDKから直接つながるウッドデッキ。
壁はなく、大きな窓で仕切られています。日当たりも最高です。
ただ、このウッドデッキ。
階段付きで直接道路へ出られてしまうのです。って事は入って来るって事で。
知らない人がいきなり進入してくる恐れ有り。柵が必要です。

収納は各部屋にクローゼット付き。申し分なし。

一通り室内を見終わってこの家に住みたいと思いました。
家探しをする時の当初の理想(ココをクリック)とほぼ一致するのです。
縁側はないけれどウッドデッキがあるし。

外回りの事。
小学校は徒歩16分。ちょっと遠いかな?
ゴミステーションは歩いて15秒くらいの児童公園の角。公園も近くていい。
この家の三方は4メートル・4メートル・6メートルの道路で囲まれていて、家の裏側にあたるお宅は先日フリーペーパーで発見しホームページで成約済みだったあの家。
私達同様、小さなお子様が2人いる30代のご夫婦が購入されたようです。

家の事、周辺の事、不動産屋さんに色々とお話を伺いました。

「この家、いいねぇ〜」と夫婦で話しますが、「この家に決めよう!」の言葉はなかなか出てきません。
数ヶ月間、物件を探し、競売にも挑戦し、その数日後にはココで家を見ている。
こんなに簡単に住む家を決めて良いのだろうか。。。私も、多分夫も同じように思っていたはずです。

この家を気に入って購入の意思がある場合、見学会にこられた方の中から抽選になるのかと思っていたら先着順だそうで。
「一週間後に返事をします」とホントは言いたいのです。でもその間に売れてしまうかもしれない。

私達の他に2〜3組のご家族が見学に来られました。
もう少し、家の中を歩きながら考えることにしました。


住まいブログ
一戸建平屋住宅

決断

JUGEMテーマ:住宅

それから数十分、ウロウロしながら考えました。
そして、決めました。この家に。


「契約したいと思っているのですが」と不動産屋さんへ。
ここからは契約内容のお話が夫と不動産屋さんで交わされていきます。

書類を記入中もジッとすることのない娘(特に次女)。
この間娘の面倒をみるのは私の仕事なので疲れます。ふぅ。
ま、夫はもっと疲れるのでしょうけれど。
仮契約とはいえ、契約書に名前を書くのは緊張するだろうしローン(お金)の事を話すのも疲れますよね。

競売物件を入札する際に本審査も通過した事を不動産屋さんへ伝えたところ、それならこの物件でも大丈夫だろうとの事でした。ホッ。

順調にいけば8月の終わりには引き渡しになりそうです。


この日の夜は夏祭りでした。家族で祭りを楽しんで、家に帰ってささやかなお祝いをしました。
と言っても、いつもは発泡酒で乾杯をビールにしただけ(笑)

でもまだ家を買ったのだ!という実感はありません。

住まいブログ
一戸建平屋住宅

仮審査・本審査

JUGEMテーマ:住宅

競売物件を入札する際に組んだ金融機関と同じ所でローンを組みます。
以前お世話になった方へ連絡し、新しく中古住宅を購入するのでローン組みかえの手続きをする事になりました。

同じ金融機関ですので、以前提出した書類(所得証明書・住民票等)や勤続年数等の情報もそのままスライド。
仮審査は無事に通りました。

数日後、本審査の為に金融機関の窓口へ出向きます。

ここで問題は、ローンの組み方。何年固定にするか。競売入札の際は5年固定。

3年・5年・10年とそれぞれ試算をしていただきました。
で、結局今回も5年固定で。

3年固定にした方が金利を低くおさえられるのですが、私が5年固定にこだわったのには理由があります。
次女が小学生になるのが5年後なのです。
その頃であれば仮に金利が随分上がっていたとしても、私が仕事(アルバイト)に出る事もできます。

さすがに10年固定だと月々の支払いが厳しくなるので断念。


夫が書類に必要事項を記入している間、娘の面倒をみるのはまた私(汗)
子供向けのビデオや絵本、おもちゃも用意されているキッズコーナーがあったので。
ただ、

ここで次女はうん○をしてくれちゃいました。うん○臭が充満する窓口。スミマセン。

本審査の結果が出るのは10日〜2週間後です。

住まいブログ
一戸建平屋住宅

本審査通過!

JUGEMテーマ:住宅

昨日、住宅ローンの本審査が通過したと連絡がありました。

いやぁ、ホント良かった良かった。
もしかしてダメなんじゃないかと思っていましたから。

来週本契約の予定です。

もう一度室内をチェックして、家具の配置を考える為にメジャー持参です。 

写真も数枚撮影しようと思っています。

楽しみです。

■住まいブログ
■一戸建平屋住宅

平屋の間取りとその理由

JUGEMテーマ:住宅

とりあえず、前回同様せっけい倶楽部で間取りを作成。
 
間取り

なんとなくこんな感じです。(また適当)

決して広くありません。でもこれが良いのです。
今までも転勤続きでアパート生活だったわけですから、この広さでも充分なくらい。

私がこの間取りを気に入ったのにはいくつかの理由があります。

そもそも平屋を希望したのは、いつでも家族の気配を感じていたいから。
特に年頃になった娘たちが部屋にこもりっきりになってしまうのが怖いのです。

子供部屋は狭くていい。寝る場所さえあれば。お勉強はダイニングテーブルで一緒に。
テスト勉強や受験勉強をする年齢になれば、子供部屋に小さな机を置いてお勉強。

いずれ娘たちはお嫁に行くでしょう。(行ってもらわないと困るし。あ、夫はどう思ってるかは不明)
使わない部屋ができたとしても、平屋なら毎日掃除もしやすい。
老いた自分を考えた時、誰も使わない2階の部屋を毎日わざわざ掃除するとも思えないのです。
夫婦ふたりになった時、平屋の方がくつろげそうだし。

子供が小学生の頃なんて、絶対にランドセルは放置、洗濯物だって片付けない。
子供部屋が2階にあったとしたら尚更だと思います。(自分がそうだったように)


やたら部屋数が多い物件を紹介された事もありましたが、全てお断りしました。
物置となる部屋は作りたくないのです。
そんな部屋があったら絶対に荷物が増える。それも必要のないものばかり。特に夫の荷物。
今でも押入れの80パーセントは夫の荷物でいっぱいです。
おまけにそのダンボール達、1年以上、この家に住む以前、イヤ結婚前から開封されていないものもあります。
古いゲーム機、ゲームソフト。ワケのわからぬお人形?等等。。。それも箱ごと保管。
それって本当に必要なモノなんでしょうか?理解不能です。
だって、私と娘の荷物は和室の押入れの下の段だけですよ。それも雛人形を含んで。

私の望む

「シンプルな生活」

それにはこの間取りで充分。この間取りがほぼ理想でした。


いくつか難点・問題点はありますが、それは後々解決して行く事にします。


■各部屋の使い道メモ■
洋室 ν亮辞△肋来の子供部屋。
洋室はペットの部屋を設置。兼、子供達の遊び場。ゆくゆくは夫婦の部屋にしても良し。
和室は子供達が成長するまでの寝室。

いつもどこかの部屋が空いている状態なのでお客様が宿泊する事も可能です。


■住まいブログ
■一戸建平屋住宅

本契約

JUGEMテーマ:住宅

8月26日(火)本契約をしてきました。

住宅ローンの本申し込みの為に銀行へ行き、何やら色々とサインをする夫。
その間娘たちの面倒を見るのはまた私。つ、疲れる(汗)

その後、物件現地で不動産屋さんと待ち合わせ。
しかし、、、カギが見つからないとの事でその日は家の中を見ることができませんでした。

カギがないって大丈夫か??
もしかしてそれはただの口実で、実は家の中をみられるとマズイのか?とさえ考えてしまうのです。

翌日までにはカギを事務所に戻しておくとのお約束でしたので、27日にゆっくり見ることに。



8月27日(水)物件の下見。

リノベーション見学会以来の内見です。
家具の配置などを考えるために、色々な部分の長さををメジャーで測ります。

気になる部分がいくつかあったのでチェック
・玄関からリビングへ入る扉と脱衣所の扉を逆開きにできるか。
・お風呂場の天井の四隅に若干の隙間を発見。天井裏へ湿気が抜けてカビていないか。
後日不動産屋さんへ聞くことにしました。

引渡しは9月2日(火)の予定です。

ヨニングラシ

LDKを廊下側から見たところ。


ヨニングラシ

LDKをウッドデッキ側から見たところ。

※写真は不動産屋さんのホームページより拝借。

■住まいブログ
■一戸建平屋住宅

引渡し

JUGEMテーマ:住宅

2008年9月2日(火) 不動産屋さんから私達へ、めでたく引き渡しされました。

着々と手続き、、、とはいかず。朝からドタバタな引渡し日となったのでした。

不動産屋さんから送られてきたFAXには「9月2日(火)PM13:00・現地にて」と書いてありました。
自宅を10:30に出ます。
少し早めに出かけたのには理由があって、住宅保険の手続きをする為。
しかし、途中で財布を忘れた事に気づきます。ガーーン(涙)
一旦自宅まで引き返す羽目に。

ちょっと焦り気味に再出発。
不動産屋さんから電話が入ります。

なんと時間を間違えているではありませんか!!

不動産屋さん、AM11:00で段取りしていたらしい。でも何度FAXを見てもPM13:00って書いてあるし〜。

急いで現地へむかいます。
もう、住宅保険の手続きどころではありません。

現地に到着したのは、、、12:00。

不動産屋さん、ガス屋さんと、もうひとり男性が室内で立って待ってる。。。
1時間も待ってたのかと思うと申し訳なく。。。
まずは遅れてしまったことを皆さんに誤り。
潔白を晴らすため「不動産屋さんに13:00って書いてあったんですがぁ(汗)。」って。
悪あがきです(笑)

ま、そんなやりとりよりも、手続きをはじめます。
不動産取得税やその他モロモロの話。
途中夫の携帯に銀行から電話がかかってきて、更に時間はノビノビ〜。

その間に気になっていたお風呂場の隙間の事を不動産屋さんに聞いて。
しっかりコーキングしてありました。
後日夫が屋根裏探索して状況を調べると言っていたので、屋根裏への進入路も聞いておきました。

夫の電話が終わったので、次は色々と設備についての説明です。

もうひとりの男性はキッチンの説明をしてくださる方でした。
主に食器洗い乾燥機の事。

次はガス屋さん。
ガスレンジについての説明を受けました。
お鍋やら何やら(何やらってなんだよ)をおまけにいただき(嬉)

給湯についての説明もここで、、、と思ったのですが、なんと給湯パネルが故障していたらしく、取替えてからの説明となりました。
15分後くらいに取替えの方が来られて無事に終了。

めでたく引き渡しとなりました。玄関・勝手口の鍵を受け取りました。


あぁ、ドタバタしました〜。でも、やっとこの家が私達家族のものになったのです。
あとは、夫に仕事頑張ってもらうだけだな。

あ、その前に住宅保険の手続きやら引越しやら、、、。大忙しです。
家具も電化製品も購入してないし。間に合うのか??


ヨニングラシ

鍵を撮影。持っているのは長女です。

もういつでも家の中に入れます。って自分の家だから当然か。

■住まいブログ
■一戸建平屋住宅
welcome to my blog
PROFILE

↓こちらもどうぞ。
■住まいブログ
■一戸建平屋住宅
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
RECOMMEND
かぞくのじかん 2009年 09月号 [雑誌]
かぞくのじかん 2009年 09月号 [雑誌]
かぞくのじかん 2009年 03月号 [雑誌]
かぞくのじかん 2009年 03月号 [雑誌]
Come home! vol.17 (私のカントリー別冊)
Come home! vol.17 (私のカントリー別冊)
ナチュラルガーデニング―思いを込めて私らしい庭に育てよう (Gakken interior mook)
ナチュラルガーデニング―思いを込めて私らしい庭に育てよう (Gakken interior mook)
ナチュラルガーデニング―手をかけたぶんだけ応えてくれる私だけの庭 (Vol.2) (Gakken interior mook)
ナチュラルガーデニング―手をかけたぶんだけ応えてくれる私だけの庭 (Vol.2) (Gakken interior mook)
LINKS
OTHER
ご訪問ありがとう
MONOCLIP